銚子

公開日:2019-04-24 更新日:2019-05-15

1. 行き方

なんとなく海を見に、銚子に行ってきました。

銚子へは、東京駅から特急しおさいと言うので1本で行けますが、

今回は常磐線(成田線?)で成田まで行き、そこからまた成田線に乗り換えて銚子に行きました。

常磐線は水戸方面に行くのと成田方面に行く2種類あったり、

我孫子駅で先頭5両を切り離す時があるので要注意。

銚子の海は、銚子駅から銚子電鉄に乗り換えて、君ヶ浜、または犬吠で降りると歩いて行けます。

今回は、君ヶ浜で降りてぶらぶら歩きました。

2. 銚子で銚子電鉄に乗り換え


銚子駅


銚子電鉄



銚子電鉄はJRと同じホームに来ます。

私はそれを知らず、銚子駅から出て、しばらく銚子電鉄の駅を探しました。。

切符は電車の中で行き先を言って買います。



3. 君ヶ浜しおさい公園

君ヶ浜で降りて左に向かって少し歩くと、君ヶ浜しおさい公園に出ます。

真ん中に見えるのが犬吠埼灯台です。





遊歩道があるので、歩いてみるといいかも。



お土産屋さんと食べるお店もあります。

灯台にも登れます。以前登ってるので今回はやめました。



犬吠埼マリンパーク。残念なことに2018年に閉館したそうです。




ちなみに、銚子の朝日はこんな感じ。

自分にだけ向かって伸びる光の道。

こんな自分にも太陽は光を与えてくれるんだと思うと、がんばろうって気持ちになります。



4. 屏風ヶ浦

銚子には東洋のドーバーと呼ばれる屏風ヶ浦があります。





崖の上は、よくドラマの撮影などで使われています。

ここへは、銚子駅から自転車で20分くらいで来れます。歩いて来る人もいました。

上り坂が多いのと、道がわかりづらいので、要注意。

自転車は駅か、駅から出てまっすぐ歩いて左手にある自転車屋さんで借りられます。







少し上の方に登ることができますが、足元が滑りやすいので、軍手があると良いかもしれません。

風が強い時は本当に危険です。普通に崖です。落ちないでください。

下から見るよりも絶景とは思えないので、無理して上がる必要はないと思います。





おしまい。