第110回 Observerパターンについて

公開日:2014-10-29

1. 概要

独り言によるプログラミング講座「第110回 Observerパターンについて」です。
デザインパターンの1つである Observer パターンについて説明しています。

2. 動画


3. 動画中に書いたソース

Form1.cs
namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form, IValueChange
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            //★独り言によるプログラミング講座

            //■Observerパターンについて
            //  イベント、リスナー
            //  仕組み:コールバック

            //利用者(イベント受ける人) -> Form1
            //  イベント受け取る事前登録
            //  イベント処理

            //Observer(イベント発生させる人) -> Counter
            //  イベント発生する


            //イベント登録
            _counter.addListener(this);
        }

        Counter _counter = new Counter();

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            //MessageBox.Show("test");
            //_counter.Value = _counter.Value + 1;
            _counter.increment();
        }

        //イベント処理
        public void valueChange(int value) {
            MessageBox.Show(value.ToString());
        }
    }

    class Counter {
        List<IValueChange> _list = new List<IValueChange>();

        private int _value = 0;
        public int Value {
            get {
                return _value;
            }
            set {
                _value = value;

                イベント発生させる();
            }
        }

        public void increment() {
            _value++;

            イベント発生させる();
        }

        //イベントを受け取る登録
        public void addListener(IValueChange obj) {
            _list.Add(obj);
        }

        private void イベント発生させる() {
            foreach (IValueChange obj in _list) {
                obj.valueChange(_value);
            }
        }
    }

    //イベント
    interface IValueChange {
        void valueChange(int value);
    }
}