Python - モジュールのインポート(import)

公開日:2019-03-08

1. 概要

モジュールをインポート(import)します。

2. モジュールのインポート

フォルダ構成
├─ test.py (メイン)
└─ calc.py (モジュール)

calc.py をインポートします。モジュールで定義された関数などを使う時は、「モジュール名.関数」のように、先頭にモジュール名を付けます。
test.py
import calc

print( calc.add(1, 2) )

calc.py
def add(v1, v2):
    return v1 + v2;

def multiply(v1, v2):
    return v1 * v2;

test.py 実行結果
3
12


また、以下のようにしてインポートすると、モジュール名を省略して、モジュールの関数を使用できます。
test.py
from calc import add
from calc import multiply

print( add(1, 2) )
print( multiply(3, 4) )

インポートする関数を1行にまとめることもできます。
test.py
from calc import add, multiply

import * で、全てのメンバをインポートすることもできます。
但し、先頭が _(アンダースコア)のメンバはインストールされません。
test.py
from calc import *

既存の関数などと重複する場合は、as で別名を付けてインポートすることもできます。
test.py
from calc import add      as calc_add
from calc import multiply as calc_multiply

print( calc_add(1, 2) )
print( calc_multiply(3, 4) )