第20回 Windows10 の追加機能と設定について

公開日:2018-03-22

1. 概要

独り言によるパソコン講座「第20回 Windows10 の追加機能と設定について」です。
Windows10で追加された、部分スクリーンショット(部分キャプチャー)、ウィンドウのサイズ変更、仮想デスクトップ、画面の動画撮影と、個人的に行っている設定について説明しています。

2. 動画


3. Windows10 のちょっとした機能

1. 画面の部分スクリーンショット(部分キャプチャー)

Windows10 から、部分スクリーンショットが取れるようになりました。

入力キーキャプチャーの範囲
PrintScreenデスクトップ全体
PrintScreen + Alt最後にクリックしたウィンドウ
Shift + Windowsキー + Sドラッグした範囲

2. ウィンドウのサイズ変更

キーボード操作でウィンドウのサイズや状態を変更できます。

入力キー画面のサイズ・状態
Windowsキー + [ 左 or 右 ]画面半分
Windowsキー + 上最大化
Windowsキー + 下最小化

3. 仮想デスクトップ

仮想デスクトップにより、デスクトップを広くすることができます。

入力キー動作内容
Ctrl + Windowsキー + [ 左 or 右 ]仮想デスクトップの切り替え
Ctrl + Windowsキー + D仮想デスクトップの追加
Ctrl + Windowsキー + F4仮想デスクトップの削除

4. 画面の動画撮影

ウィンドウの表示内容を動画として保存することができます。
表示内容を録画したいウィンドウをクリックして、Windowsキー + G を押します。

以下の画面が表示されます。


「はい、これをゲームして記憶します。」にチェックをつけます。
ゲームと書かれていますが、ゲームでなくても大丈夫です。

次に、表示されたゲームバーの真ん中にある、赤いボタンをクリックすると、録画開始になります。


録画されたファイルは、「ビデオ」フォルダの下にある「キャプチャ」フォルダに保存されます。

3. 個人的によくする設定


1. 漢字入力時に画面の中央に表示される「A」と言う文字の非表示

動画の07:38~

画面右下にある「A」または「あ」の上で右クリックして、メニューからプロパティをクリック。表示された画面の「画面中央に表示する」のチェックをはずすと、漢字入力時に画面中央に表示される文字が消えます。逆に表示させたいと言う方はチェックをつけてください。

2. プリンターの設定

動画の08:43~

Excelの改行プレビューで表示が乱れる場合は、以下の操作を行うと直る場合があります。

スタートメニュー → 設定 → デバイス → プリンターとスキャナー → Windowsで通常使うプリンターを管理する
のチェックをはずす。

印刷する内容をPDFとして出力する場合や、プリンターが数台ある場合には、ここの設定を見直しても良いかもしれません。

3. 回復ドライブの作成

動画の09:52~

スタートメニュー → Windowss 管理ツール → 回復ドライブ
で、Windowsが起動しなくなった場合に、初期化をして復旧させるためのUSBメモリを作成できます。
念のため保険として作成しておくとよいです。

4. コルタナの非表示

動画の11:22~

タスクバーの何もないところで右クリックメニューの表示 → Cortana → 表示しない
で、Cortana の検索欄を非表示にできます。
表示させたい場合は、Cortanaのメニューの「検索ボックスを表示」をクリックしてください。

5. タスクバーのラベル表示

動画の12:11~

タスクバーのタスクに、ファイル名などを表示させたい場合は、
タスクバーの何もないところで右クリックメニューの表示 → タスクバーの設定
で、「タスクバーボタンを結合する」を「タスクバーに入りきらない場合」を選択してください。

6. エクスプローラーの設定

拡張子の表示
動画の13:05~

ファイル削除時に確認するようにする
動画の13:52~