第3回 PHPの基本について その1

公開日:2015-05-06

1. 概要

独り言による Webプログラミング講座、「第3回 PHPの基本について その1」です。変数、文字列の結合、if、for、while、配列、連想配列の使い方について説明しています。

2. 動画


変数の使い方

ソース
$value = 100 + 200;
var_dump($value);

$value = "100" + "200";
var_dump($value);

$value = "100" . "200";
var_dump($value);
実行結果
int 300

int 300

string '100200' (length=6)
変数の先頭には $ をつける。
文字列同士でも、+ を使うと数値として認識され加算される。
文字列を結合する場合は、.(ドット) を使う。

文字列を使う時の注意事項

ソース
$value = 100;

$s = "abc\ndef$value";
print($s);

print("\n");
print("\n");

$s = 'abc\ndef$value';
print($s);
実行結果
abc
def100

abc\ndef$value
"" で囲った場合は、\n は改行コードとして扱われ、変数の箇所は、変数の値が出力される。
'' で囲った場合は、\n はそのまま出力され、変数の箇所は、変数名のまま、文字列として出力される。

if

ソース
$value = true;
//$value = false;

if ($value == true) {
	print("TRUE");
} else {
	print("FALSE");
}
実行結果
TRUE

for

ソース
for ($i = 0; $i < 10; $i++) {
	print ($i);
}
実行結果
0123456789

while

ソース
$count = 0;
while ($count < 10) {
	print($count);
	$count++;
}
実行結果
0123456789

配列

ソース
$list = array(1, 2, 3);
$list[] = 4;
$list[] = 5;
print ($list[0]);
print ($list[1]);
print ($list[2]);
print ($list[3]);
print ($list[4]);
実行結果
12345

連想配列

ソース
$data["key1"] = "01234";
$data["key2"] = "56789";
print($data["key1"]);
print($data["key2"]);
実行結果
0123456789