第105回 Template Methodパターンについて

公開日:2014-10-29

1. 概要

独り言によるプログラミング講座「第105回 Template Methodパターンについて」です。
デザインパターンの1つである Template Method パターンについて説明しています。

2. 動画


3. 動画中に書いたソース

Form1.cs
namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            //★独り言によるプログラミング講座

            //■Template Methodパターンについて
            //  処理の流れの形式化
            //  実装方法
            //    抽象クラス : メソッドのオーバーライド
            //    I/F        : コールバック

            //  勤務表、交通費精算用紙

            //  形式化のメリット
            //    書きやすい・余分なことを書く必要がない
            //    読みやすい
            //    記入漏れがなくなる
            //    想定外のことが書けない
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            /*
            Test obj = new Test();
            obj.実行();
             */

            経理 obj = new 経理(new TestB());
            obj.実行();
        }
    }

    //経理
    abstract class ATest {
        public void 実行() {
            //処理
            
            this.開始();

            //処理

            this.メイン();

            //処理

            this.終了();

            //処理
        }

        abstract protected void 開始();
        abstract protected void メイン();
        abstract protected void 終了();
    }

    //社員
    class Test : ATest {
        override protected void 開始() {
            MessageBox.Show("開始");
        }
        override protected void メイン() {
            MessageBox.Show("メイン");
        }
        override protected void 終了() {
            MessageBox.Show("終了");
        }
    }

    interface ITest {
        void 開始();
        void メイン();
        void 終了();
    }

    class TestB : ITest {
        public void 開始() {
            MessageBox.Show("開始");
        }
        public void メイン(){
            MessageBox.Show("メイン");
        }
        public void 終了(){
            MessageBox.Show("終了");
        }
    }

    class 経理 {
        TestB objTest = null;

        //コンストラクタ
        public 経理(TestB obj) {
            objTest = obj;
        }

        public void 実行() {
            objTest.開始();
            objTest.メイン();
            objTest.終了();
        }
    }
}