第101回 Proxyパターンについて

公開日:2014-10-19

1. 概要

独り言によるプログラミング講座「第101回 Proxyパターンについて」です。
デザインパターンの1つである Proxy パターンについて説明しています。
Proxy パターンは、I/Fを変更せずに別の機能を追加するのが目的で、本来持っている機能(実行結果)は変更しません。
Proxy を適用する例としては、キャッシュ機能やログ出力などがあります。
Proxy の有無に関わらず、実行結果が変わらない点がポイントです。

2. 動画


3. 動画中に書いたソース

Form1.cs
namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            //★独り言によるプログラミング講座

            //■Proxyパターンについて
            //  I/Fを維持したまま機能拡張するパターン
            //  proxy 代理
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            TestProxy obj = new TestProxy(new Test());
            //Test obj = new Test();

            obj.showMsg("Test");
        }
    }

    interface IShowMsg {
        void showMsg(String msg);
    }

    class Test : IShowMsg {
        public void showMsg(String msg) {
            MessageBox.Show(msg);
        }
    }

    class TestProxy : IShowMsg{
        Test objTest = null;
        public TestProxy(Test obj) {
            objTest = obj;
        }

        public void showMsg(String msg) {
            msg = "★★★★★" + msg + "★★★★★";
            objTest.showMsg(msg);
        }
    }
}