第9回 D&D対応、文字の変換など

公開日:2018-06-13

1. 内容

1. 独自テキストボックスの追加

RichTextBox を継承した独自テキストボックスを追加しました。
今までForm で行っていたテキストボックスの初期化処理を独自テキストボックスで行うことにより、Form で行う処理を減らしました。
また、他の用途でテキストボックスを使う際にも、初期化処理が入っているため、使いやすくなります。

2. ファイルのドラッグ&ドロップ対応

エクスプローラーからファイルをドラッグ&ドロップして、ファイルを開けるようにしました。
プロパティとイベントの設定は、MainForm_Load() で行っています。

3. 小文字・大文字変換、半角・全角変換機能の追加

選択された文字列の小文字・大文字変換、半角・全角変換機能を追加しました。
ポップアップメニューで実行できます。
また、プラグインなどで動的にメニューを追加することを考慮して、ポップアップメニューへのメニューの追加は、動的に行うようにしてあります。

4. メニューにショートカットキーの追加

メニューにショートカットキーを追加しました。
新規作成(Ctrl+N)、開く(Ctrl+O)、保存(Ctrl+S)

5. フォントの変更

テキストボックスのフォント名、フォントサイズを Config に追加しました。
現在は設定画面がないため、Config用のxmlファイルを直接修正することで、変更可能です。

6. 検索用I/Fの引数の削除

検索画面の検索ボタンが押された際に、ターゲットに対して検索文字列を引数で渡していましたが、単純に引数なしのメソッドを呼び出すようにしました。
検索文字列は、入力欄が変更された際に、即座にターゲットの保持する検索条件に反映します。
メニューの前方検索などがクリックされた際に、検索文字列が既にわかっているのに、I/Fに合わせてわざわざ検索文字列を引数で渡していたため、それを省くためにこのようにしました。
動作上の変更はありません。

2. 動画


3. 画面




4. 今後の課題

1. 画像保存

クリップボード内の画像を保存できるようにする。
また、画像のプレビューを見れるようにする。

2. 変換機能

10進数・16進数の変換をポップアップメニューで行えるようにする。

3. インデント調整など。

行を選択して、TABキーでインデント調整ができるようにする。

4. その他

grep、選択した数式の計算、タブ化、ファイルツリー・リストを付けた3ペイン構成にする、プラグインでテキストの加工を行えるようにする、プラグインでカレンダーをつけて日記をつけられるようにする、などなど。

ダウンロード

ver実行ファイルソース
1.0.8
2018/06/13
ncm_1_0_8.zipncm_1_0_8_src.zip