Laravel5.6 新規プロジェクトの作成

公開日:2018-06-16

1. 概要

PHP のフレームワークである Laravel 5.6 を使用して、新規プロジェクトを作成してみます。

CakePHP で使用した環境を使用します。
PHP の開発環境構築について
PHP7.2 にバージョンを上げる
Composer のインストールと使い方
CakePHP3 新規プロジェクトの作成

2. インストーラーのダウンロード

Composer で Laravel のインストーラーをダウンロードします。
Composer のインストールと使い方で作成した cmd_for_php.bat でコマンドプロンプトを表示します。
公式サイトには下記コマンドを実行するように書いてあります。
コマンドプロンプト
composer global require "laravel/installer=~1.1"
実行すると、Windows の場合は、C:/%HOMEPATH%/AppData/Roaming 配下に、Composer フォルダが作成され、その中に Laravel のインストーラーが作成されます。
但し、AppData/Roaming に作成されたことを忘れてしまいそうなので、
今回は以下のコマンドを実行しました。
コマンドプロンプト
cd c:\pleiades\xampp
mkdir laravel
cd laravel
composer require "laravel/installer=~1.1"
xampp 配下に laravel フォルダを作成して、そこで composer のコマンドを実行しています。

成功すると、以下のようなフォルダ構成になります。
フォルダ構成
c:/pleiades/xampp/laravel
 ├─ vendor
 ├─ composer.json
 └─ composer.lock

C:\pleiades\xampp\laravel\vendor\bin にパスを通します。
cmd_for_php.bat を以下のようにします。
cmd_for_php.bat
SET PATH=%PATH%;C:\pleiades\xampp\php7
SET PATH=%PATH%;C:\pleiades\xampp\mysql\bin
SET PATH=%PATH%;C:\pleiades\xampp\laravel\vendor\bin
cmd /k

3. 新規プロジェクトの作成

cmd_for_php.bat を再起動して、以下のコマンドを実行します。
コマンドプロンプト
cd C:\pleiades\xampp\htdocs
laravel new laravel_test
「Application ready! Build something amazing.」と表示されればOKです。
htdocs 配下に laravel_test フォルダが作成されています。

xampp を起動して、
http://localhost/laravel_test/ にアクセスすると、ファイル一覧が表示されます。
http://localhost/laravel_test/public/ にアクセスすると、デフォルトページが表示されます。



ちなみに、CakePHP と同様に、composer を使っても新規プロジェクトを作成できます。
コマンドプロンプト
cd C:\pleiades\xampp\htdocs
composer create-project --prefer-dist laravel/laravel laravel_test2