第121回 文字と数値の違いについて

公開日:2014-11-19

1. 概要

独り言によるプログラミング講座「第121回 文字と数値の違いについて」です。

2. 動画


3. 動画中に書いたソース

Form1.cs
namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            //★独り言によるプログラミング講座

            //■文字と数値の違いについて
            //  (「変数について その2」の続き)
            
            //  番地(アドレス) --- 1バイト毎に住所が振られている
            //  0000  0 ~ 255  or  -128 ~ 127
            //  0001  
            //  0002  
            //  0003  変数a  12354の下位バイト
            //  0004  変数a  12354の上位バイト

            //  0005  変数b  48
            //  0006  変数b  0

            //  0007  変数c  0
            //  0008  変数c  0
            //  0009  変数c  0
            //  000A  変数c  0

            //    :
            //  FFFF

            char a = 'あ'; // 'あ'を保持しているのではなく、
                           // 'あ'の文字コードを保持している。
                           // 'あ'の文字コードは、12354。
                           
                           // 65535の文字を表現できる。
            //MessageBox.Show(a.ToString());
            //MessageBox.Show(((int)a).ToString());

            char b = '0'; //文字の 0 の文字コードが入る
                          //'0'の文字コードは48
            int c = 0;

            //MessageBox.Show(((int)b).ToString());

            if (b == c) {
                MessageBox.Show("同じ");
            } else {
                MessageBox.Show("違う");
            }

            String s = "こんにちは";
        }
    }
}